ハナマル食品の生産体制
製品ご紹介 豊後の姫はも
製品ご紹介 豊後の姫だこ
製品ご紹介 アマニ油
事業所案内
豊後の姫だこ

姫だこについて

国東半島東沖(伊予灘)の「たこつぼ漁」で年間500t以上の漁獲量を誇る「くにさき姫だこ(マダコ)」は、鱧、太刀魚とともに大分県国東市を代表する介類の一つです。瀬戸内海の激しい潮流地帯に生息していることから、身が引き締まり、足が短くて太いという特徴があります。「くにさき姫だこ」は、水たこ輸入ものにはない味わい深さがあり、ぷりっとした歯ごたえで、噛むほどに旨みが口の中に広がります。地元では新鮮なタコを生のまま刺身にしたり、干したこ、茹でたこ、たこの一夜干し、唐揚げ、たこ飯、など様々な料理で食されています。タコが捕れる夏や冬の海辺では、潮風に揺れる干しだこのカーテンが見られるほど盛んです。

豊後の姫だこ

出荷までの流れ

出荷までの流れ

タコ料理

ぷりっとした歯ごたえ、噛めば噛むほど口の中に旨みが広がる「姫だこ」の美味しい食べ方をご紹介いたします。

タコ料理

販売商品(冷凍品)

タコ商品のラインナップ

「姫だこ」はハナマル食品株式会社の登録商標です。(第5784450号)
ハナマル食品の商品の詳細、お取り扱いにつきましてはお気軽にお問い合わせください。